デカフェコーヒーは体に悪いの?メリットデメリットと妊娠中や寝る前も大丈夫?

アフィリエイト広告を利用しています

生活

デカフェコーヒーは体に悪いの?メリットデメリットと妊娠中や寝る前も大丈夫?

目安時間 7分
デカフェコーヒーは体に悪いの?メリットデメリットと妊娠中や寝る前も大丈夫?

 

皆さんはどんな時にコーヒーを飲まれますか?

 

お仕事中、家でくつろぎたい時など結構身近な飲み物ではないでしょうか。

 

妊婦中はカフェインレスがいいとか寝る前はカフェインを控えた方がいいとかいろいろ言われていますよね。

 

今回は、デカフェコーヒーについてご紹介したいと思います。

 

デカフェコーヒーとは

 

まずはデカフェコーヒーについて軽くご紹介します。

 

デカフェとは、「decaffeinated」を略したもので、「カフェインを取り除いたもの」という意味になります。

 

カフェインはご存知の方も多いかもしれませんが、眠気を覚ましてくれるという作用があります。

 

その一方で、寝る前に摂取すると眠れなくなる、ということもありますよね。私も眠れなくなったことが何度あるやら(;^_^A

 

そういう面では、デカフェコーヒーはカフェインが無いため、いつでも好きな時にコーヒーを飲めます。カフェインで悩まされている方は少し注目してみても良いかもしれませんね!

 

また、味の方も普通のコーヒーと比べて苦みが少なく、マイルドになっているらしいです。普通のコーヒーよりも嗜みやすい、という声も聞かれました。

 

デカフェコーヒーは体に悪いの?

カフェインもほとんど無く、飲みやすいコーヒーですが、体への影響はどうなんでしょうか。

 

こちらの声が上がる理由は、カフェインを取り除く方法にあると思われます。

具体的に・・・

 

・有機溶剤を使う
・超臨界二酸化炭素を使う
・水を使う

しかし、どの方法も危険性は確認されておらず、「デカフェコーヒーが体に悪い」という根拠のある事実はありません。

 

恐らく、「有機溶剤」というあまり聞き馴染みのないものを利用して取り除く、ということに抵抗を抱いた人が居ると思われるため、このような声も上がったのかな?と思います。

 

デカフェコーヒーのメリット

先ほども少し触れましたが、改めてメリットについて見ていこうと思います。

 

主に3つあります。

・寝る前に飲んでも睡眠への影響が少ない
・妊娠中・授乳中の女性も安心して飲める
・胃が弱っていても大丈夫

 

一つずつ見ていきましょう。

 

カフェインは個人差はあるものの、興奮作用があります。

 

ですが、デカフェコーヒーは普通のコーヒーよりカフェインの量が少ないため、睡眠への影響が少ないと見られています。

 

妊娠・授乳されている女性の方は、特にお体に気を付けなければならないですよね。

 

「カフェイン」というものにマイナスなイメージを持たれている方は、デカフェコーヒーにするだけでも、気持ちの面でも安心できるのかなと思います(*^^*)

 

カフェインは胃液を活発にする作用もあります。胃が弱っているけど、コーヒーを飲みたい!という方には最適かもしれません。

 

私もカフェインで体調が崩れることがあるので、デカフェコーヒーを飲んでみようかな、と考えています♪

 

デカフェコーヒーのデメリット

メリットが多いデカフェコーヒーですが、デメリットはあるのでしょうか?

私が調べたところ、メリットを裏返したものがデメリットとして上げられていました。

 

具体的には、「味が物足りない」というものです。

デカフェコーヒーは体に気を遣った飲み物でもあるため、コーヒーの刺激が欲しい人には少し物足りないのかもしれませんね。

ですが、大きなデメリットは見当たりませんでした!

 

デカフェコーヒーは妊娠中も大丈夫?

こちらも先述と重複するところはありますが、改めて見ていこうと思います。

 

妊婦さんは様々なことに気を遣わなければなりませんよね。飲み物で言いますと、コーヒーもですし、お酒も飲めないかと思われます。

 

コーヒー自体、妊婦さんでも1日に3~4杯は飲んでも大丈夫とWHOも証明しています。

ここで補足しておくと、デカフェは全くカフェインが含まれていないわけではなく、少量のカフェインは含まれています。

 

「コーヒーを飲みたいけど、赤ちゃんに悪いな・・・」という罪悪感を抱いてしまったりする妊婦さんには安心して飲めるコーヒーになっています。

 

デカフェコーヒーは寝る前も大丈夫?

 

改めて、デカフェコーヒーを寝る前に飲んでも大丈夫なのか、ご紹介します。

 

結論から言いますと、寝る前に飲んでも問題ありません。

 

普通にカフェインが含まれているコーヒーですと、20~30分でカフェインが作用してきます。就寝前の3~4時間前に飲んでしまうと、入眠を妨げたり睡眠の質が下がったりします。

 

「寝る前にどうしても飲みたい~><」という欲求が抑えられない場合は、飲んでもほとんど体に影響がないので、寝る前のお供にしても大丈夫と思われます。

 

ここで一つ、おすすめのデカフェコーヒーをご紹介します!

 

それは、【BROOK‘S(ブルックス)のカフェサプリGABA(ギャバ)】です!

 

こちらはコーヒーのイメージを覆すような働きを持っています。

その一つが「睡眠の質の向上」です。

 

「夜はぐっすり、朝はすっきり」を売りにしているので、いつでも飲める商品です。

 

コーヒーと言えば、「カフェイン」を重視される方も多いですが、デカフェコーヒーは、カフェインをほとんど除いたコーヒーです。

 

コーヒーの良い部分を存分に引き出しているので、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか(*^-^*)


   生活   0

この記事を書いた人

PITARI
PITARI

PITARIです。 気になる情報をトコトン調べてお届けします。

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: