PR

エレットとsonae電気片手鍋が口コミで話題!メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク
エレット 電気片手鍋が口コミで話題!メリットとデメリットを紹介 生活

インスタやTikTokで話題沸騰中の電気片手鍋。

この前はヒルナンデスでも紹介されて、電気片手鍋の使いやすさは大絶賛されていました!

一人暮らしの一人用鍋はもちろん、忙しいお母さんも子供でも簡単に使える電気片手鍋。

 

電気片手鍋が注目を集める理由は、その便利さや機能性にあります。

調理が簡単にできるて洗い物も少なく、煮たり蒸したりレシピも豊富。

安くて使いやすい電気片手鍋は口コミで人気ですが、メリットだけでなく洗い方やデメリットも気になりますよね。

この記事ではエレットとsonae電気片手鍋のメリットやデメリットを紹介します。

\ヒルナンデスで紹介の電気片手鍋/

created by Rinker
¥4,980 (2024/07/26 01:59:32時点 楽天市場調べ-詳細)

エレット電気片手鍋の特徴

エレットとは、新潟県燕市にある株式会社タマハシが扱う家庭用電化製品を中心に幅広い商品を展開するブランド。

自社企画によるオリジナル商品なので値段が安く、多くのユーザーから信頼されています。

エレットの電気片手鍋はコロンとしたデザインで、シンプルで使い勝手の良さが特徴。

 

料理を楽しみながら、忙しい現代人の生活をサポートするエレットの製品は、多くの人々に愛されています。

さっそくエレット電気片手鍋について詳しくみていきましょう。

\エレットの電気片手鍋/

created by Rinker
タマハシ(Tamahashi)
¥3,190 (2024/07/26 01:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

エレット電気鍋の仕様

エレット電気片手鍋は、コンロやIHがなくてもでラーメンの袋麺を調理することができる電気鍋です。

火を使わずに電気で加熱するため、ダイニングやオフィスでも安全に調理することが可能です。

切替は2つのヒート設定があり、「弱」は100W、「強」は600Wの熱量を発生します。

エレット電気片手鍋にはゆでたまごラックがついていて、ゆで卵作りやフォンデュ料理に対応。

【材質・仕様】
本体:ポリプロピレン、フタ:強化ガラス、内鍋部:18-8ステンレス(表面:ふっ素樹脂塗膜加工)、コードの長さ:約1.1m、温度ヒューズ:170℃、AC100V/100W・600W、50/60Hz、付属品:ゆでたまごラック
【サイズ】
約355×193×176mm(約810g)
ゆでたまごラック:φ117×84mm(約15g)

エレットの使い方と特徴

エレット電気片手鍋の主な特長は、その使い勝手の良さにあります。

火を使用せずに電気で調理するため、火災の心配がなく、安全性が高い点が魅力です。

電源があればどこでも使用でき、アウトドアやピクニックなど様々なシーンで活躍。

加熱設定は「弱」と「強」の2種類があり、料理に応じて選ぶことができます。

 

さらに、エレット電気鍋は安い価格で販売されているところが魅力。

電気片手鍋が6,000円など高価な商品がある中、エレットなら気軽に試すことができます。

鍋の内側はフッ素加工で洗いやすいところも、人気の理由の一つです。

\エレットの電気片手鍋/

created by Rinker
タマハシ(Tamahashi)
¥3,190 (2024/07/26 01:59:32時点 Amazon調べ-詳細)

sonaeの電気片手鍋の特徴

sonaeの電気片手鍋はヒルナンデスで紹介されました。

ヨドバシカメラで購入できますが、ネットでは大人気商品のため予約待ち。

切替は2つのヒート設定があり、「弱」は350W、「強」は700Wの熱量を発生します。

【材質・仕様】
内鍋部:セラミックコーティング、コードの長さ:約1.5m、消費電力 700W、電源 100V、50/60Hz
【サイズ】
約348×200×150mm(1.14kg)

電気片手鍋のメリットとデメリット

値段が安く使い勝手のいい電気片手鍋がほしくなります。

その前に電気片手鍋のメリットとデメリットについても確認しておきましょう!

デメリット

鍋が重い

色々なメーカーから電気片手鍋が出てますが、電気鍋の重量は約1㎏。

ラーメンを作ると全部で1.5㎏ほどになり持ち運ぶときに重いです。

洗う時に気を遣う

電気片手鍋は本体が冷えるまで洗うのを待ちます。

また本体丸洗いはできないので、鍋の内側のみ食器用中性洗剤で洗います。

メリット

どこでも調理可能

電源があればどこでも調理できるので、テーブルの上で調理してそのまま食べたい時などに便利。

調理や洗い物減らしせるので時短になります。

長時間の煮込み料理

ガスで長時間煮込み料理で焦がすことがあっても、電気鍋なら安心です。

様々な調理方法が可能

意外と多かったのが蒸し料理の利用法。

蒸し野菜やプリン、茶碗蒸しを作るのにも役立ちます!

エレット電気片手鍋を使った人の口コミ評判

容量

エレット電気片手鍋の一つのデメリットとして、容量が挙げられます。この鍋は、特に単身者や少人数の家庭をターゲットにしているため、大量の食材を一度に調理することには向いていません。たとえば、家族単位での使用を考えた場合、一度に調理できる料理の量が限られてしまうため、料理を何回かに分けて作る必要が出てきます。ラーメンの袋麺を一度に数袋作りたい時や大きな鍋料理を楽しみたい時には不便を感じる可能性があります。

耐久性

また、耐久性に関してもいくつかの口コミで指摘されています。電気で加熱するため、部品の磨耗や故障の可能性がゼロではありません。特に安い価格で販売されている商品には、現品限りでへこみがある可能性が示唆されていますが、これは使用上の問題はないとされても、やはり耐久性への懸念を抱かせます。電源コードや加熱部分の故障は、このような電気式調理器具の共通のデメリットでもあり、使用頻度にもよりますが、長期間の使用による劣化には注意が必要です。

まとめ

エレット電気片手鍋は、ラーメンの袋麺をはじめとする様々な料理を手軽に作ることができる便利なキッチン家電です。火を使わずに電気で加熱するため、安全性が高く、車内での調理など、屋外での使用にも適しています。また、100Vのコードで直接接続し使用するため、電源の確保が比較的容易です。

本製品は弱と強の2つのヒート設定があり、料理に応じて温度調節ができる点も大きな魅力の一つです。揚げ物調理など、多岐にわたる料理の調理に対応できる汎用性の高さもユーザには好評です。さらに、安い価格で手に入れることができることも魅力の一つであり、使いやすさとコストパフォーマンスのバランスが取れていると言えるでしょう。

ただし、容量が限られているため、大量の料理を一度に作るのには不向きであり、耐久性に関しても、価格相応の品質という面があります。商品によってはへこみがある場合もあるため、見た目の完璧さを求める方には不向きかもしれません。

総合的に見ると、エレット電気片手鍋は口コミで話題になるだけの理由を持ち、小規模な調理において大いに役立つアイテムです。手軽に使用できること、車内でも調理が可能な点、そしてコストパフォーマンスの良さが、多くのユーザにとって魅力的であると言えるでしょう。しかし、容量や耐久性については購入時に考慮する必要があるかもしれません。

コメント

error: Content is protected !!