PR

アップルウォッチいらない人と後悔する人の口コミ評判は?できることとスマートウォッチとの違いをご案内

スポンサーリンク
アップルウォッチいらない人と後悔する人の口コミ評判は?できることとスマートウォッチとの違いをご案内 生活

モバイル通信機能付きのアップルウォッチがあれば、音楽を聴いたり買い物したり、毎日の心拍数を確認したり魅力的なアイテム。

 

ところが「アップルウォッチいらない」「アップルウォッチ後悔」などの気になるキーワードが見つかって、実はAppleWacthはそれほど魅力的なアイテムではない!?

 

アップルウォッチいらないという人や後悔する人は、性能を十分に使いこなせていない可能性があるからで、アップルウォッチの性能を十分に理解すると「買ってよかった」という人が多いです。

 

アップルウォッチを持っていると、iPhoneをわざわざ取り出さずに作業できるというメリットがありますよ。

 

この記事では、アップルウォッチいらない人と後悔する人の口コミ評判、できることとスマートウォッチとの違いをまとめました。

 

アップルウォッチいらない人

アップルウォッチいらない人は、実に単純ですがiPhoneを持っていない人です。

 

アップルウォッチはiPhoneと同期させる(ペアリングさせる)使い方なので、そもそもiPhoneを持っていないと使いこなすことができません。

 

他にもアップルウォッチをおしゃれ感覚で購入すると使いこなすことができず、使い慣れたiPhoneの方が便利と感じる人もいるようです。

 

せっかく効果なアップルウォッチを購入しても、使いこなすことができずに後悔してしまうことも。

 

どのような後悔があるのか調べてみました。

 

アップルウォッチを購入して後悔する理由とは

アップルウォッチを購入して後悔する理由とは、思っていた使い方とは違うという相違点にあるようです。

 

腕時計するのが面倒だった
毎日充電するのが面倒だった
電子決済を利用していない
頻繁な通知がうるさい
iPhone単体の利用で十分だった

 

後悔する理由について、一つずつ見ていきましょう。

 

腕時計するのが面倒だった

アップルウォッチは腕時計のように腕につけて利用しますから、そもそも腕時計をする習慣がない人にとって最初は違和感を感じるようです。

 

スマートフォンが普及し始めてから、腕時計をする人が減ったと言わています。

 

以前は腕時計で現在の時間を確認するのが当たり前でしたが、今では腕時計を身につけなくてもスマホを取り出せば時間がわかります。

 

腕時計のメーカーも商品が売れるためには実用性よりもデザイン性を重視したとの話がありますから、腕時計を身に着ける習慣のない人にとっては後悔する一つの原因になるようです。

 

毎日充電するのが面倒だった

アップルウォッチは小さな画面でもたくさんの機能が備わっていて、アップルウォッチ用のアプリは100個ともいわれています。

 

その分、電池の消耗が早くて、1日に1度充電する必要があります。

 

使用状況によっては早めに充電が切れる場合もあるので、iPhoneに比べてマメな充電が必要となります。

 

充電がないとせっかくのアップルウォッチが使えなくなるわけですから、買って後悔する原因の一つになるようです。

 

頻繁な通知がうるさい

アップルウォッチはGmailが届くたびにお知らせしてくれるので、Gmail複数アカウント持っている人にとっては通知がうるさいとのこと。

 

他にも「iPhoneが手元から離れた」という通知もくるので、頻繁な通知に慣れない人は少なくありません。

 

初期設定ではすべてのアプリでiPhoneからの通知がオンになっているので、設定すれば不要な通知をオフにすることができます。

アップルウォッチには健康機能に役立つ通知もあります。

 

高心拍数/低心拍数の通知
不規則な心拍の通知
心肺機能レベルの低下の通知
転倒検出
ワークアウトの計測開始通知

 

電子決済を利用していない

アップルウォッチのメリットの一つである、簡単にできる電子決済Apple Pay。

 

Apple Payをアップルウォッチで使えばキャッシュレスでお買い物できて、SuicaやPASUMOを追加すると電車バスもアップルウォッチをかざすだけで利用できます。

 

設定してアップルウォッチでキャッシュレス使用できれば便利なのですが、「アップルウォッチで一番良かったのはApple Pay」という人が多いので、電子決済を利用していないとアップルウォッチの良さも半分かもしれません。

 

Apple Payの設定はiPhoneウォレットアプリにクレジットカード情報を追加すると使えるようなり、nanacoもWAONもQUICPayもIDもiPhoneに取り込むことができます。

 

実際にアップルウォッチだけで買い物できてその便利さから抜け出せないという意見多数。

 

支払いはほとんどキャッシュレスなのでたまに現金のみのお店だと焦るそうですが、アップルウォッチを持ったらぜひApple Payを利用したいですね。

 

 

iPhone単体の利用で十分だった

機械音痴でアプリを使い切れいない人にとっては、アップルウォッチがお蔵入りしてしまうことも!

 

アップルウォッチはiPhoneと比べて健康管理機能に優れているので、ジムやウォーキング習慣がある人にとってはピッタリだと思います。

 

スマホストラップが流行っていて、常に肩からiPhoneをかけているとアップルウォッチいらないという意見もありました。

 

でも周りの人でアップルウォッチ携帯率が増えると「自分もほしい」と思う人が多いようです。

 

アップルウォッチでできること

機種によって多少異なりますが、

 

時間を確認
アラーム・ストップウォッチ・タイマー
電話
メール・メッセージ
マップを確認
天気を確認
Siriを使う
音楽ストリーミング再生
ワークアウト記録
電子決済Apple Pay
血中酸素濃度測定
心電図
事故衝突検出
皮膚温センサー

 

アップルウォッチがあると便利という声はたくさん見つかりました。

 

 

わからないことは何でもアップルウォッチのSiriに尋ねれば答えてくれます。

 

 

アップルウォッチの一番の魅力は電子決済キャッシュレスで使うこと。

 

ピッとかざすだけ現金不要になるので、とても便利との声が一番です。

 

アップルウォッチとスマートウォッチの違いは?

アップルウォッチはiPhoneと連動して使い、メール、電話、音楽、電子決済などスマホと同等以上の機能をもちます。

 

スマートウォッチは健康管理機能が充実した製品で、スマホ連動や電子決済などはできませんが、その分値段は高くなく充電も長く持ちます。

 

アップルウォッチの値段は高くて、機種が新しくなるごとに値段も高くなりApple Watch Series 8は6万円前後の価格。

 

一方のスマートウォッチの価格は5,000~10,000円ほどでアップルウォッチと比べて機能は少ないけれど、健康管理重視で使用するならスマートウォッチでも十分かもしれません。

生活
スポンサーリンク
なるほどライフ

コメント

error: Content is protected !!