PR

椿油は髪によくないし硬くなる?おすすめの使い方で髪が黒くなるのかご紹介

スポンサーリンク
椿油は髪によくないし硬くなる?おすすめの使い方で髪が黒くなるのかご紹介 生活

椿油は通常、髪に対して良い影響を与えると考えられています。

椿油はビタミンEやオメガ脂肪酸を含んでいるため髪や頭皮に栄養を与え、しっとりとした質感を与えることが期待されます。

しかし、「椿油は髪によくないし硬くなるのでは?」という意見も見かけます。

先に結論を言うと使い方や使用量によっては髪がベタついたり、硬くなったりする可能性があります。

自分の髪の状態に合わせた安全性の高い椿油を使うと、驚くほど髪にツヤがでます。

created by Rinker
黒ばら本舗
¥891 (2024/02/22 17:42:32時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では、椿油は髪によくないし硬くなるのか、おすすめの使い方で髪が黒くなるのかご紹介していきます。

椿油は髪によくないし硬くなる?

椿油は通常、髪に対して良い影響を与えると考えられています。

椿油に含まれているビタミンEやオメガ脂肪酸は髪や頭皮に栄養を与え、しっとりとした質感を与えることが期待されます。

ただし、個人の髪質や頭皮の状態によっては、合わない場合もあります。

また、過剰な使用や不適切な使い方が硬さや重さを感じさせる原因になることがあります。

ここで注意すべきポイントは以下の通りです

量の調整

適量を守って使用することが大切です。

過剰に使いすぎると、髪が重たくなったり、ベタつきが生じる可能性があります。

洗い残し

シャンプーを十分にすすぎ切れていない場合、椿油が残りやすくなります。

十分なすすぎを心掛けましょう。

個人差

人それぞれ髪質や頭皮の状態が異なるため、一概に全ての人に良いとは言えません。

試す前にパッチテストを行い、自分の肌や髪に合うか確認することが重要です。

適切な使い方で自分の髪質に合わせた量を使えば、椿油は髪にとって良い効果をもたらすことが期待されます。

椿油のおすすめの使い方

椿油はヘアケアに利用すると、保湿や栄養補給の面で効果が期待されます。

椿油のおすすめの使い方を紹介します。

髪の毛への直接塗布

ヘアオイルとして使う場合、少量の椿油を手に取って髪の毛に均等になじませます。

特に髪の乾燥が気になる部分や毛先に重点的に使うのがおすすめ。

ただし付けすぎると髪が重くなるので、適量を守って過剰な使用は避けましょう。

ヘアマスクとして使用

ヘアマスクとして使う場合、シャンプー前に椿油を髪全体になじませて数十分から1時間ほど放置します。

その後は通常通りシャンプー・コンディショナー。

長時間にわたって椿油をぬることで髪に栄養を与え、しっとりとした髪に仕上げることができます。

コンディショナーに混ぜて使用

椿油をコンディショナーに混ぜて使用することで、髪の補修と保湿の相乗効果を期待できます。

コンディショナーは髪に密着しやすいテクスチャー。

椿油がトリートメントに混ざることで髪全体に均等に広がりやすく、髪への負担なく効果的に浸透します。

ヘアスタイリング前の仕上げとして

少量の椿油を手に取ってから、髪全体に軽くなじませてからヘアスタイリング。

髪のパサつきが気になる場合、椿油の効果で髪がまとまりツヤを与えることができます。

頭皮マッサージ

少量の椿油を指先に取り、頭皮に優しくマッサージ。

椿油を軽く温めるてから使うと、血行促進や椿油の浸透がより効果的になります。

指の腹を使って頭皮を優しく押すようにしてマッサージ。

マッサージが終わったら、通常のシャンプーやコンディショナーを使って椿油を洗い流します。

使用前には自分の髪質や頭皮の状態に合わせて適量を確認し、パッチテストを行うことをお勧めします。

椿油を使うと髪が黒くなるの?

椿油が髪を黒くするという主張は、科学的には裏付けられていません。

椿油は髪にツヤと保湿効果を与えるオイルとして知られていますが、髪の色を変える効果とエビデンスはなし。

髪の色はメラニン色素によって決まります。

メラニンの種類や量が髪の色を決定し、外部からのオイルや成分は直接メラニンの量や種類を変えることはできません。

したがって、椿油を使っても髪が黒く変わることはありません。

ただし、椿油は髪に栄養を与えて乾燥から保護する効果があります。

健康的な髪にツヤが出て見た目が良くなることがありますが、これは髪の健康を反映したもので、色が変わるわけではありません。

椿油を使うメリットデメリット

椿油を髪に使うメリットとデメリットについて、以下にまとめてみました。

デメリット

  • 付けすぎると髪がベタつく
  • 洗い落とすのに時間がかかる
  • 香りが独特で好みが分かれる
  • 品質の低いものを使うと髪の痛みを促進する

メリット

  • 髪に潤いや艶を与える
  • 髪をまとまりやすくする
  • 髪を紫外線や熱などのダメージから守る
  • 頭皮の血行を促進する
  • 頭皮のフケやかゆみを防ぐ

椿油は、正しく使えば髪にいいものです。

自分の髪の状態や椿油の商品に合わせて、適切な使い方をするようにしましょう。

椿油の口コミ

椿油を使った商品はたくさんありますよね!

今回は【大島椿】に注目してみようと思います。

@cosmeでは、40mlで1210円(税込み)です。

★7つ中、★4.9です。しかも口コミの総数は2万件超えていますΣ(・ω・ノ)ノ!

ベストコスメ賞というのも2001~2005年、2009年に取っていて圧倒的な人気っぷりを表しています。

高評価のものは「1日中サラサラが続きます!」「髪の保湿にいい」「縮毛矯正やアイロンを駆使していても髪が綺麗と言われるのは、コレのおかげ」などなど。

「一生使います」という口コミもありました!

一方で低評価のものは「好みではなく、髪がべたつく」「つけすぎに注意」というのが見られました。

1927年に発売されていて、幅広い年齢層からの支持もあるロングセラーの愛され商品なのが分かりますね!

 

こちらの動画では具体的なお勧めの使い方が紹介されています。

実際に商品を開けられて、分かりやすい感想を実況されているので、とても参考になると思います。

まとめ

椿油自体が髪に悪いというものでは全くなく、正しい量、正しい方法で使えばすごく良いものだということが分かりました。

椿油を使うメリットデメリットもあります。

しかし口コミや使い勝手のよさを参考にすると、椿油をヘアケアに使うメリットがあることがわかりました。

ドライヤーをよく使ったり、生理前や髪の老化で髪がパサつき乾燥することが多いと思うので、椿油を使って艶のある日々にしたいですね。

生活
スポンサーリンク
なるほどライフ

コメント

error: Content is protected !!