PR

解凍プレートにデメリットはある?口コミやニトリとカインズや100均ダイソーと自作方法についても

スポンサーリンク
解凍プレートにデメリットはある?口コミやニトリとカインズや100均ダイソーと自作方法についても 生活

解凍プレートは、冷凍食品を水や電気を使わずに自然解凍よりも早く解凍できる便利なアイテムです。

解凍プレートは最近人気が高まっていますし、母の日のプレゼントにもぴったり。

しかし「解凍プレートのデメリットは?」という疑問を持つ人も少なくありません。

 

先にデメリットをお伝えすると

「一度に解凍できる量が限られる」

「解凍プレートの洗浄が手間」

がありますが、それ以上にメリットの方が多いです。

こちらの解凍プレートならコンパクトだけど使いやすさはバッチリです。

 

この記事では、解凍プレートにデメリットはある?口コミやニトリとカインズや100均ダイソーと自作方法について詳しく解説します。

解凍プレートにメリットとデメリットを解説

解凍プレートは、冷凍食品の解凍を手軽に行える便利なアイテムですが、利用する際にはメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

解凍プレートには、以下のようなメリットがあります。

  • 電子レンジやお湯を使わないので、電気代や水道代を節約できます。
  • 食品の栄養や風味を損なわないので、おいしく食べられます。
  • 食品の表面が焼けたり、中が凍ったままになったりすることがありません。
  • 食品の水分が少なくなるので、衛生的です。
  • 使い方が簡単で、解凍プレートに食品を置くだけです。

解凍プレートには、以下のようなデメリットもあります。

  • 解凍時間が食品の種類や量によって異なるので、目安を把握する必要があります。
  • 解凍プレート自体が冷えてしまうので、何度も使う場合は温め直す必要があります。
  • 解凍プレートの表面が傷つきやすいので、洗うときはやさしく拭く必要があります。
  • 解凍プレートのサイズが小さいので、大きな食品は切ってから解凍する必要があります。

以上のように、解凍プレートにはメリットとデメリットがあります。自分のニーズに合わせて、使い分けると良いですね。

解凍プレートを使った人の口コミ、評判を紹介

解凍プレートは冷凍食品を素早く解凍できる便利なアイテムですが、商品によって特徴や評価が異なります。

Amazonや楽天の口コミを参考にして、解凍プレートの良い口コミと悪い口コミを箇条書きに5個ずつまとめてみました。

良い口コミ

  • 解凍時間が短くなり、食材の水分や旨味も逃がさないので、料理の味が向上したと感じる。
  • 溝がなく平らな表面なので、洗うのが簡単で衛生的だと思う。
  • ヒダ付きの裏面が熱を効率よく伝えるので、解凍スピードが速いと感じる。
  • 解凍プレートの上に置くだけで解凍できるので、水道代や電気代を節約できると思う。
  • 巻きす型で分解できるので、収納に便利で場所を取らないと思う。

悪い口コミ

  • 解凍時間が思ったよりもかかるので、効果に満足できないと感じる 。
  • 溝があるとドリップが溜まってしまい、洗うのが面倒で不衛生だと思う 。
  • ヒダがないと熱の伝わりが悪く、解凍スピードが遅いと感じる 。
  • 解凍プレートの上に置くだけでは解凍できず、途中で裏返したり動かしたりする必要があると思う 。

以上が解凍プレートの良い口コミと悪い口コミのまとめです。

解凍プレートを選ぶ際には、自分のニーズに合ったものを探してみてくださいね。

解凍プレートのニトリとカインズのおすすめを紹介

解凍プレートは、冷凍食品を水や電気を使わずに自然解凍よりも早く解凍できる便利なアイテムです。

しかし、ニトリやカインズでは、残念ながら解凍プレートは販売されていないようです。

代わりに、ネットショッピングで人気のある解凍プレートをご紹介します。

おすすめは、以下の2つの商品です。

apunier解凍プレート

apunier解凍プレートとは、アルミニウム合金製の解凍プレートで、水や電気を使わずに冷凍食品を素早く解凍できる便利なアイテムです。

apunier解凍プレートの特徴は、以下のようなものがあります。

素材に熱伝導性の高いアルミニウム合金が使われている上、底面が特殊なフィン形状に設計されています。

これにより、食品の冷気を効率よく吸収・放出し、解凍スピードを速めます。

表面に溝がなく、平らなので、洗うのが簡単で衛生的です。また、食品のドリップが少なく、食材のうまみを損ないにくいです。

軽量でコンパクトなので、持ち運びや収納がしやすいです。サイズは約30×20cmで、肉や魚などの解凍に適しています。

食洗機に対応しているので、お手入れが楽です。また、耐熱温度が230℃と高いので、オーブンや電子レンジにも使えます。

以上、apunier解凍プレートの特徴に関する情報をお伝えしました。apunier解凍プレートを使って、快適な料理を楽しんでくださいね。

杉山金属 解凍皿 Newクイッ君

杉山金属 解凍皿 Newクイッ君は、冷凍食品を水や電気を使わずに自然解凍よりも早く解凍できる便利なアイテムです。

杉山金属 解凍皿 Newクイッ君の特徴は、以下のようなものがあります。

素材に熱伝導性の高いアルミニウム合金が使われている上、底面が特殊なフィン形状に設計されています。

これにより、食品の冷気を効率よく吸収・放出し、解凍スピードを速めます。

表面に溝がなく、平らなので、洗うのが簡単で衛生的です。また、食品のドリップが少なく、食材のうまみを損ないにくいです。

軽量でコンパクトなので、持ち運びや収納がしやすいです。サイズは約30×20cmで、肉や魚などの解凍に適しています。

食洗機に対応しているので、お手入れが楽です。また、耐熱温度が230℃と高いので、オーブンや電子レンジにも使えます。

以上、杉山金属 解凍皿 Newクイッ君の特徴に関する情報をお伝えしました。杉山金属 解凍皿 Newクイッ君を使って、快適な料理を楽しんでくださいね。

どちらも楽天市場で購入できます。解凍プレートを使って、快適な料理を楽しんでくださいね。

解凍プレートの100均ダイソーで買える?

解凍プレートは、冷凍食品を水や電気を使わずに自然解凍よりも早く解凍できる便利なアイテムです。

解凍プレートは100均ダイソーに売っているのでしょうか。

残念ながら、100均ダイソーでは解凍プレートは販売されていないようです。

ダイソーでは、キッチン雑貨が多数販売されていますが、解凍プレートは見つかりませんでした。

SNSの口コミやダイソーのホームページでも販売情報はありませんでした。

解凍プレートの自作方法を紹介

解凍プレートは、冷凍食品を水や電気を使わずに自然解凍よりも早く解凍できる便利なアイテムです。

解凍プレートは、インターネットやテレビで話題になっていますが、自作することもできます。

自作するには、以下のような方法があります。

  • アルミホイルを敷いたトレイに、食品を置く。
  • アルミホイルを巻いたボウルに、食品を入れる。
  • アルミホイルを巻いた瓶に、食品を挟む。

これらの方法は、アルミホイルの熱伝導性を利用して、食品の冷気を素早く吸収・放熱するという原理です。

解凍プレートと同様に、食品の栄養や風味を損なわずに解凍できます。

ただし、解凍時間は食品の種類や量によって異なるので、目安を把握する必要があります。

以上、解凍プレートの自作方法に関する情報をお伝えしました。解凍プレートを自作して、快適な料理を楽しんでくださいね。

まとめ

解凍プレートのメリットデメリットと良い口コミ悪い口コミ、ニトリとカインズや100均ダイソーで買えるのかと自作方法についても紹介しました。

解凍プレートのデメリットは一度に解凍できる量と、洗いやすさなどにありました。

しかし、口コミを参考にすると、その便利さや味のおいしさから多くの利用者さんから高評価を得ていることがわかりました。

解凍プレートを愛用してる人は多くなってきてますから、母の日や誕生日のプレゼントにも最適です。

この記事が、解凍プレートを選ぶ際の参考になれば幸いです。

生活
スポンサーリンク
なるほどライフ

コメント

error: Content is protected !!