PR

リファストレートアイロンのデメリットと悪い口コミは?壊れやすい故障したときの対処法とは

スポンサーリンク
リファストレートアイロンのデメリットと悪い口コミは?壊れやすい故障したときの対処法とは 生活

リファといえばコロコロ美顔器のリファカラットが人気ですが、リファドライヤーやリファストレートアイロンを使うと髪がサラサラになると人気です。

 

使った方の良い口コミが多いのですが、デメリットや悪い口コミも気になります。

 

2022年11月1日から2,000円以上値上がりすることが公表されていてますます高額のドライヤーで、買うべきか悩みます。

 

そこで今回の記事では、リファストレートアイロンのデメリットと悪い口コミは?壊れやすい故障したときの対処法についてまとめました。

 

リファストレートアイロンのデメリットは

リファストレートアイロンのデメリットについては、3つ挙げられます。

 

  • 値段が高いこと
  • プレートの面積が狭いこと
  • 挟む力が弱いこと

 

一つずつみていきましょう。

 

デメリット1 値段が高いこと

リファストレートアイロンの値段は2022年10月31日まで19,800円(税込)ですが、11月1日からは値上がりして22,000円となります。

 

安いアイロンだと3,000円台からある中、リファストレートアイロンは2万円以上!

 

もし美容室などで使ったことがあって使用感がわかっていたら欲しくなるのは納得ですが、一度も使ったことがなくて口コミだけで購入するには気合を入れて購入するほどのヘアアイロンです。

 

とはいえ、高価な値段な分、リファストレートアイロンの口コミはいいようですよ。

 

デメリット2 プレートの面積が狭いこと

他のヘアアイロンと比べると、リファストレートアイロンのプレート面積は狭いといわれています。

 

この狭さがデメリットとも考えられますが、逆に小回りの利く使い勝手の良さも注目されています。

 

プレートが広くてあっという間にヘアスタイルを調整できるのも魅力なところ、ストレートアイロン初心者さんには太すぎず細すぎないプレート幅がおすすめ。

 

リファストレートアイロンで丁寧にサラサラヘアへ仕上げていくのは楽しいですね。

 

デメリット3 挟む力が弱いこと

リファストレートアイロンは挟む力が弱めですが、慣れれば簡単。

 

他のストレートアイロンと比べて、軽くて使いやすいといわれています。

 

あまり挟む力が強いと髪をつぶしてキューティクルを傷つけてしまう可能性もあるので、ふんわりと髪を包みながらサラサラストレートを作るのがいいですね。

 

リファストレートアイロンの悪い口コミは?

リファストレートアイロンの悪い口コミを探すと、壊れやすいという意見が見つかりました。

 

商品との出会いは運命みたいなところがあると思うのですが、「1年経たずに壊れた」という口コミが数件。

 

数は多くないのですが、せっかくの高いヘアアイロンを買ったのにすぐ壊れてしまったら修理してもらえたとしても悔しい気持ちを書きたくなる気持ちわかります。

 

ところでリファストレートアイロンは、本当に壊れやすいのでしょうか。

 

リファストレートアイロンは壊れやすい?

リファの商品は高いけれど、実は検索すると「壊れた」というキーワードが見つかります。

 

 

どの商品も当たり外れがあるのですが、リファに期待した分だけ壊れたときのショックは大きいですよね・・・。

 

しかし「リファが壊れたかと思った」というプチパニック体験や「今のが壊れたからリファ買う」など、壊れた以外の状況もたくさん見つかりました。

 

今のヘアアイロンが壊れたら次はリファ。

 

そう考えている人が多くて、やはりリファの人気ぶりを実感します。

 

リファストレートアイロンが故障したときの対処法

リファ商品が故障したときにはすみやかに修理へ出すのがおすすめです。

 

リファを修理に出したら新品が返品されてきたという情報がとても多いです!

 

さすが高額商品の保証制度ですから、この情報を知っていればリファが故障しても安心ですね。

 

 

リファは新品の故障ではなく一年以上の使用でも、新品を送ってくれるという神対応!

 

 

保証期間外でも新品が届く事例もあるので、これはリファを買わない理由がなくなりますね。

 

生活
スポンサーリンク
なるほどライフ

コメント

error: Content is protected !!